WEBツール

ホームページを制作している会社が、過去のシステムやデータベースを扱えるというわけではないようですね。
ホームページ制作業の人たちには何種類かあって、もともとグラフィックデザインを生業としていて、広告などのデザインをしていた人たち。

それとは別に、ソフト開発を手がけていて、ホームページにもし進出した人たち。
さらには、もともと専門的には学んだことはないが、やってみたらそこそこできたのでって人たちなどなど。

細かく言えば、前職でウエブの担当者だったからなんて人まで様々です。
で何がいいたいかといいますと、その専門性の違いは、出来上がるホームページに大きく影響してくるので、制作の目的に対応できる業者さんを選ばなきゃ痛い目に合うよってことなんです。

お客さんは安いホームページを依頼しておきながら、費用対効果が低い、なんて嘆いているケースがほとんど。
安く作ることと、その出来上がったホームページに客を呼ぶことは、全く別問題なのに、それを認識している人はほとんどいない。

だから情報弱者は、結局のところ、損をするわけですね。
マーケティング戦略の1プロセスでしかないホームページ制作を、それを最終的な目標にしちゃってる時点で間違い。
業者は作ればお金が貰えるから、客の売上が上がろうが下がろうが、関係ないのですよ。

安さを謳ってるホームページ業者に集まる客は、情報弱者の可能性が高いのかもしれないよね。
逆に、客寄せしてるホームページ業者は、情報強者だね。

«
»