個人的なトレーニングセンター

学校から卒業した後何か学びたいことがあったら、個人的なトレーニングセンターに行って勉強しなければならないでしょう。
専門学校ですね。

個人的なトレーニングセンターは教育を目的としている学校と違って、企業の介入があって、利益を得るために経営です。
つまり、企業のように運行して、商業活動の一種です。

トレーニングセンターは専門性を持っています。
例えば、英語トレーニングセンターで英語を勉強出来て、茶室で茶道を勉強できます。

それに、一般的に個人的なトレーニングセンターの規模が普通の学校より小さいですが、学費は公立学校や私立学校より高いようです。

個人的なトレーニングセンターは学校の補充として成立しています。
よく経営すると輝く未来があると思います。
ところが、専門学校の就職率はあまり高くなく、厳しい状況が続いているようです。

これは専門学校だけに言えることでは無く、大学や大学院でも同様で、就職つまりは正社員として働くことが当たり前とはならず、ハードルの高いものとなってしまいました。
これは企業側の人材の使い方の変化にも影響しているのではないでしょうか。

正社員のコストは非常に高くつきます。
しかも能力の保証はありません。
必要な能力をもった人材を安いコストで迎え入れた方が、企業としては当然良いわけですから、派遣を利用します。

しかし、その派遣の中でも競争がありますから、出来る人には仕事があり、出来ない人は仕事が無いのです。

»