大学時代感じた中国の変化

私の大学時代、1999年~2004年(医学部なので、5年間になります)、中国の激しい発展を実感しました。
一年生の時、寮の門衛室に電話がありますが、棟ごと電話1つしかありませんでした。

今は考えられないのですが、当時はそれで十分な設備だったのです。

電話がかかってきたら、門衛の人が取って、何号室誰の電話なのか、放送器械を通して呼びます。
二年生の時、階数ごと電話1つになりました。
60人以上共用していました。

誰かが長く話したら、不満を招きます。
三年生の時、BP機を利用し始めました。
誰かBP機を持ったら、お金持ちの感じになります。

四年生の時、誰か携帯電話を持ったら、うらやましいと思いました。
五年生の時、就職のため、パソコンを持ち学生が増えました。
私も中古パソコンを買いましたが、それでも高かったと思いました。

ところが年々、パソコンの価格は下落の一途をたどり、日本円では3万円台で新品が購入できる時代になりました。
もう、数十万円も出す必要は無く、パソコン市場は飽和状態であるとまで言われているのです。

変わって、携帯電話やスマートフォンの出荷数が世界中で伸びていますね。
そしてコンテンツビジネスも大流行しています。
IT長者が続々と出てきても不思議ではない世の中になり、工業製品主流から、無形財産のビジネスが、よりニーズを満たすようになりました。

ソーシャルゲームは競争は激しくなっています。

»