日本人のサービス残業

日本人はよく残業をします。
しかもお金がもらえなくても、サービス残業ということで、区切りの良いところまで、仕事をし続けます。

本当に仕事が終わってないから残業するのがまだ理解できますが、サービス残業をする必要があるのか、常に疑問を持っています。

上司や先輩たちがまだ退社していないから、自分が先に帰ったらちょっとよくないという考えや、みんなに仕事に尽力している姿を見せたいという考えなど、やることがないのに、退社しなく、仕事をしている振りをするのは、時間の無駄だと思います。

仕事をする時間が長ければ長いほどいいと考えている社長でしたらまだお得になるかもしれませんが、一定の仕事の量があって、長い時間で完成するのが、逆に能力不足と証明してしまうかもしれません。
先輩たちにほかの仕事があるかどうかを聞き、なければ先に退社してもいいではないかと思います。

横並び文化の日本では、目上の人の存在が鬱陶しいことがあるのは間違いないのですが、更なる我慢や忍耐の文化で、耐え忍ぶことが美徳であるという概念が残っているのでしょう。
非常にナンセンスな文化です。

目上だからと言って、仕事の能力に比例するものではないですし、与えられた役割をしっかりとこなすことが会社員の務めですから、それ以上のことはスタンドプレーとして非難されます。
が、何か見つけて仕事しろと、全く矛盾なことを平気で命令する上司もいるために、ホワイトカラーの生産性が良くないのです。

«
»