空き瓶をおしゃれにリメイク

私はついつい空き瓶を捨てずにとっておく習性があります。
前世に何か瓶で困っていたのでしょうか?
ラベルをキレイにはがすのも得意です。

今ではいろいろな大きさや形の瓶が自然に集まってしまいました。
あまりに増えるので、最近は1か月に一度はチェックし、空き瓶を貯めすぎないように、不燃物のゴミの日に出していました。

ところが、私の8歳になる娘が空き瓶を欲しいと言い出し、その空き瓶で何かを作っているのです。
かわいいテープやボタン、リボンや端切れを空き瓶につけてリメイクです。

いろいろな瓶が出来ました。
その瓶にビーズを入れて見たり、ヘアピンを入れたり、鉛筆立てにしたり、使い道はいろいろです。

机に並べるとカラフルで、窓から差し込む光が瓶に反射して綺麗でした。
子どもって改めてすごいなぁと感心しました。
子どもの想像力が尽きるまで、またせっせと瓶を集めたいと思います。

ところがです。

ビン自体が最近、手に入らなくなってきました。
ジュール類はペッドボトルと紙パックが主流ですし、買い物ついでに空きビンを見過ごして、調味料コーナーなどを見るのですが、ほとんどありません。

これも時代の流れなのか、それともコストや環境面への配慮でしょうか。
環境面なら、リユースとしてビンがいいのでしょうが、逆にコストがかかるらしいですね。
地球にやさしい環境国としては、合理的な素材が良いのでしょう。

肉のこだわり
精肉に自信の食肉卸業者
安全で高品質な業務用の食肉の事ならお任せ。卸価格にも絶対の自信を持ってます。
meat-kimura.co.jp/

«
»