資源開発

中国との外交で問題の対象となっているのが、レアアースといわれる資源です。

このレアアースは、OA機器のほとんどに使われており、事務機器の代表的な存在でもあるコピー機にも使われていることが常識化しています。

さて、レアアースとは何でしょう。
このような単純な疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、いくつか例を挙げてみたいと思います。

難しい言葉で言うと「希土類元素」となります。
もっと詳しく知りたい場合は、化学系に強いサイトをお探しいただくことをお勧めします。

中国では、レアアースをひとつのビジネスの商材と捉えているわけですが、日本はレアアースのほとんどを輸入に依存しています。
輸出停止となると、コピー機の生産も止まってしまう、と短絡的には思いますが、他鉱山の開発、資源備蓄、脱希土類元素技術開発、リサイクル技術開発で、長期的な依存からの脱出を目指しているのが、今の日本です。

という難しい話はおいといて、コピー機にも、中古がかなり需要が伸びているようです。
中古コピー機を試してみたいと思ったときの参考にご覧ください。

ビジネスでは本質を見抜く能力が必要な状況がほとんどであり、柔軟性ある対応も出来るようにしておきたいですね。
あらゆるものに対して、一定の需要があればビジネスになるのです。
考え方を変えれば、独占も不可能ではないということでしょうね。

«
»