割引をはじめの販売戦略

休みの日にスーパーに行きました。
ちょうど祝日になって、売り場は大バーゲンをしたから、お客が平日よりもっと多くなりました。

バーゲンは経営者が消費者日本企業及び商品のメッセージを伝え、自分の商品を買わせて、販売量を高められるための活動です。
企業は実状況と市場、商品などの要素から一つやいくつかを選択して応用できます。

いつも使われたバーゲン方法は割引を始め、広告、インタネット販売、プレゼントサービス、アフターサービスを提供するなど、いろいろがあります。

経営者はバーゲンを通じて、消費者に自分の商品を薦めます。
しかしこれは短期的な商事活動で、かかる費用も高いそうで、よく利用すれば、企業自身の競争力を高められる上に、祝日に美しいものにさらに美しいもので飾る効果があります。

フリーミアムという言葉が、かなりブームとなりました。
これは無料で商品やサービスを提供して集客し、プレミアムを獲得するためのマーケティングなのですが、果たして、属性に合った見込み客が獲得可能かは、プラン次第です。

下手をすると、タダ目的の冷やかし客だけが殺到することになり、全く営業やセールスにならない懸念も内包されているのです。
ダイヤモンドをタダで配布するという事で、目が眩んだ客が殺到し、大騒ぎになったケースがありますが、完全な失敗事例ですね。

ビジネスでは、実質的にはコストを負担して、無料で提供するものがたくさんあります。
名刺などはその典型で、それを配るだけでは、誰でも出来ますよね。

«
»