携帯電話に本当に求めること

最近はどの携帯キャリアも「スマートフォン」に力を入れています。
しかし、携帯電話は好みが各々違ってきます。

携帯電話の最低限の仕様とは何でしょうか?
最近、携帯電話についての不満というのが「電池の減りが早い」「すぐに故障する」など、機能や操作とは違うところだそうです。

現に、携帯電話ショップに来店するお客様の半分は「故障」だそうです。
携帯メーカーによって使い方や機能は違ってきますが、今は「丈夫であること」が重視されています。

スマートフォンはほとんどが液晶のタッチパネル式なので、折り畳み式携帯電話より慎重に扱われ、カバーを付けるなどして傷や破損などから守っている人が多いですが、二つ折りの携帯電話だとそこまで気を使っている人は少ないようです。

そして、ちょっとした落下だったりどこかにぶつけたりするとすぐに液晶にヒビが入ってしまい丈夫だと思っていた携帯にトラブルが起きたと思いショップに来店する人も少なくありません。

スマートフォンでの通信量の増加によって、回線のパンクも予想されています。
各キャリアは通信ボリュームの増強を早急に計画し、実行に移すことになるでしょう。

社会での通信インフラが整備されるにつれ、家庭内でも家電などのデジタル化によって、通信インフラが必要になってくるのではないかと思います。
家庭内では、インターネットの普及がそろそろと一般的となってきているために、無線の需要が多くなってくることでしょう。

«
»