米粉

コメを粉にした、「米粉」が見直されています。
米粉を使ったパンやスウィーツの、そのもっちりした食感が人気のようです。

最近、よく耳にするようになった米粉ですが、昔から日本人は米粉を使って和菓子を作っており、一口に米粉と言えないほど多くの種類があるのです。

「上新粉」…うるち米(一般的に食べているお米)を水洗いしたのち乾燥させ粉にしたもの。
さらに粒子が細かいものを「上用粉」という。
だんごや柏餅などに使われる。

「白玉粉」…もち米を粉にしたもの。
粒子が細かいので、舌触りが滑らかな仕上がりになる。

「もち粉」…白玉粉より粒子が粗い。
粘りがでるので、大福もちなどに向いている。

「おだんごの粉」…うるち米と餅米の粉をブレンドしてあり、両方の食感のいいとこ取り。

「道明寺粉」…餅米を水洗いし蒸して乾燥させたもの。
道明寺と言う尼寺で最初に作られたことが名前の由来。
桜餅などに使われる。

「玄米粉」…玄米を煎って粉にしたもの。栄養が豊富で風味も良い。パンやクッキーの生地などに使われる。

米粉は、小麦粉を使った料理ならそれと置き換えて、様々な料理やお菓子に使うことができます。
それから大ヒットで入手困難な家電製品で、米粉からパンを仕上げる例のモノ、相変わらずの人気で品薄です。
お店でももっと米粉パンが欲しいんですけど、難しいのでしょうか。

難しい問題に立ち向かってこそプロだと思うんですけどね。

«