ビジネス環境

職場の環境や待遇は、底で働く人たちのモチベーションに大きな影響を与えます。
劣悪な環境と処遇で大きな成果を挙げようなんて考えでは、企業は発展していきません。

やはり大きな夢とビジョンを掲げ、その実現に向けて突き進めるよう、環境を整え、信賞必罰で対応することが大切ではないでしょうか。

結果を出した人にはそれに答える待遇で望む、そうすることでやれば評価してもらえるという意識が生まれ、それに向けて最大限の努力をするようになる。
これが、プラスのスパイラルを巻き起こすのではないでしょうか。

企業の使命は何か、混ぜわが社は存在する必要があるのか、そこを練り上げ社内に浸透させることで、働く人たちの目は輝きを増してきます。
企業は人です、そこで働く人がいかに高いモチベーションを保ち続けることができるか、はっきりとした成果に向けて取り組むことができるかが、存続と発展の鍵ではないでしょうか。

節電を謳ってイメージアップするという下心がある企業は、とても白々しいですね。
自然に出来る会社は好感を持てますが、企業は経営者の生き写しにもなりますから、社長や最高経営責任者の人柄がわかってしまいます。

トップに問題があると優秀な人材を活かすことが出来ません。
社内もギスギスした感じになるでしょうし、辞めていく人間が出で行くので、定着率はかなりひどいようです。
いつも求人を募集しているところは、従業員満足度が低いのかもしれません。

«
»