ITツール

ITツールといえば一般的に何を指すのでしょうか。
パソコンやモバイル端末、スマートフォンにタブレット型PCと種類は豊富になってきました。

ハードからソフトまで様々なことを連想されたことでしょう。
このIT分野に関しては、そこに携わっている人と、それ以外の人とに大きな隔たりがあるようで、その認識の違いもはなはだしいものがあります。

ITの分野は最先端であるがゆえに、日々進歩を続けていて、縁のない人たちから見るとよくわからない領域でくくられてしまいがちです。

よくわからないのですべてお任せしますと、一見潔さそうな響きですが、自社のことを丸投げしていることに不安はないのでしょうか。
わからないなりに調べ、疑問はクリアーにして自社の経営にとって最善の道を探ることが必要なのではないかと思います。

こうした実情から、ITへの無知を巧みに利用され、資金を搾取され続ける人々も多いのです。
特に経営者は「知らない」「わからない」という言葉を嫌い、前述のように、「任せる」と一言で片付けることによって、必要なインテリジェンスを放棄するわけですね。

相場も調べない場合は、指値で契約してしまうこともあり、財務が逼迫することもあるのです。
大体、ワンマン社長はこのタイプですね。

逆に、お金が無いと泣きつく経営者も居ますが、タダでなんとかしようという魂胆のため、まず、敬遠されます。
現代の最先端技術でもあるITをタダでなんとか出来るわけがないのです。

«
»