フランスの川辺で過ごす時間

フランスには何度か来ているのですが、いつも訪れる場所は決まって同じです。
これはフランスに限らず、私の性格上だと思います。

一度気に入った場所を見つけると、他には冒険しようとせず、そこばかりです。
他の場所に行って「やっぱりあっちの方が良かった」とがっかりしたくないのです。

今回もセーヌ河左岸の通りでティータイムです。
夕食までの時間をゆったりとカフェで過ごす人は多く、時間を持て余しているというよりは、ゆっくり過ごすことを徹底している感じです。

日本人がせかせかしているといわれるのが、ここに来るとよくわかります。
夕方になるとジャズバーからは小粋なジャズのリズムが聞こえてきます。

私は昼の顔を持つ景色から夜の顔にかわる様をスケッチするのが好きです。
セーヌ河には人を引き付ける魅力があるようで、この川沿いに人が集まって来ます。

私はセーヌ河を背景にスケッチをします。
限られた時間の中でも無心になれるものです。
日本にいる時は、日常の生活に追われるので、無心になる機会がどうしても少なくなるのがストレスですね。

海外に行くことの方がストレスなんじゃないか、なんて言われますが、違いは行ってみないと気が付かないものです。
国内では、どうしても現実から離れることが出来ないのです。
国外だとですね、もうどうしようもないわけですから、その土地の空気に浸るしかありません。

川のほとりで、たばこをくゆらす老人がいましたが、どうやら灰を処分するのに困っている様子でした。
が、なんと葉っぱに灰を落としてポケットに入れたのを見て、電子タバコの安全性を再認識したものです。

女性はアクセサリーで変身できる
かぶれにくいチタンピアス
ノンアレルギー金属である純正ピアスで作られたチタンピアス専門サイト
www.nadeshiko-st.com/
関連:www.modula-8.com

«
»