参観日のおしゃれ

先日、小学校3年生になる長男の学校で今年2度目の参観日がありました。
前回は確か4月下旬にありましたが、授業中にもかかわらずクラスがうるさく、正直心配になりました。

1,2年生の時の担任の先生は厳しい方でしたので、授業中も静かに勉強に取り組んでいました。
小学校3年生になってクラス替えがあり、担任は大学を卒業したばかりの新卒の先生ですから、当然比べてはいけないのですが、比べてしまうのが親です。

今回も不安ながら教室に行ってみると、半分の人数しか着席していないのです。
残り半分の生徒はTTルームでTTの先生から授業を受けているようです。

このTTとは専門的に算数の授業を行う先生の事です。
各学年に1名のTTの先生がいます。
高学年になると、理解不足な子どもはTTルームで勉強を教わり、遅れが出ないようにサポートしていくシステムなのです。

3年生はまだ個人の理解力にあまり差が開いていないので、出席番号で半分に分けられTTルームを活用しているようです。
息子は一番前の席に座り、積極的に手を挙げ発言していました。
正直驚きです。

今までほとんど手を挙げなかった子でしたが、先生が発表数をカウントしていて、1週間のベスト5までを掲示板に貼り出すので、頑張っているようです。
今回は授業も比較的静かに落ち着いて進行していたので、これも安心しました。
大変でしょうが、新任の先生に頑張って頂きたいです。

ただ、ゲームをやすぎるなと、必死に言っていたのが印象的です。

家族で石垣島へダイビング旅行が評判
夏休みを利用して常夏の地で思い切り遊ぶ。ダイビングを通して自然を知る。
www.blue-water-divers.jp/

«
»