子供が主役のお受験へ

一時期話題にもなったお受験。
一般的に受験は高校受験が最初の人が多い。
しかし私立の小学校や中学校に入学するために、幼稚園生や小学生が必死に勉強している。

私はこのお受験について否定的であった。
幼いうちは遊ぶことが勉強。義務教育の中で、同じ地域の子が通う学校へ進学することは、友達も作りやすい。
学校は勉強だけをする場ではない。

放課後の遊びも、その世代の子供にとっては立派な勉強なのだ。
しかし最近はお受験に挑戦する人たちの気持ちも分かってきた。
お受験を経て大人になった友達と接していると、頭がいいと感じることが多い。

頭がいいというのは、単に知識量が多いだけでなく、頭の回転が速いと思うのだ。
何事もメリットとデメリットがあることを考えると、頭ごなしに否定することはよくないとも考えるようになった。

お受験をして私立で勉強していくか、地域の学校に進学するかは、その家の事情によって違ってくるだろう。
ただ、忘れてはいけないことがある。
子供の人生の主役は子供だ。

大人の都合や見栄のために振り回すことはあってはならない。
子供も、きちんと話をすれば理解できるだろう。
主役の意見を尊重することを忘れてはいけない。

ところが、家柄や世間体、面目等を保つための手段と考えている親も現実としては居る。
その子が将来社会人になったとしても、お受験の話はネタにすらならないというのに。
お受験と生きていくことは、相関関係は無いのである。

加工肉も安心
業務用精肉など食肉卸をお探しなら
業界水準以上の独自の品質基準で徹底的においしい食肉を追及
meat-kimura.co.jp/

«
»