電子商取引

電子商取引は拡大の一途をたどっています。
電子商取引の売上高は、百貨店のそれを上回り、さらに拡大の一途をたどっています。

長い間地域密着型で実店舗販売を続けてこられた老舗までもが、ネットショップの可能性を探り、できれば参入しようと躍起になっています。

もはや、街中での買い物はおうちにいながら買い物でき、商品がおうちまで届くというネット販売に凌駕されようとしているのです。

いまさら遅いわけではありません、ただ、はじめたからといって直に安定的に売上が上がるわけではないのです。
その見極めもなく、長期戦略もないまま参入すると結果は見えています。

ネットショップが低コストで人件費もかからず儲かるというものではないのです。
確かにその可能性は高いのですが、単純に実店舗で販売しているものをネット売れば売れていく、というおとぎ話は存在しません。

実店舗で売れていない商品は、ネットでも売れないのです。
必要のない人にとっては、いかのその商品が良くても、欲しいとは思わないのです。
欲しがっている人を探したりすることが、ネットでは世界を舞台に可能なだけですので、マーケティングが決め手です。

勘違いして、ますます泥沼にはまっていく経営者もたくさんいることでしょう。
もしくは口車に乗せられて、大金を支払わされただけですね。

そもそもネット通販も、売る手段のひとつでしかないのです。

»