歯周病

八割の大人が、歯周病にかかっているそうです。
歯周病になると、糖尿病や肥満、骨量の減少、カルシウム不足、ストレスなどに注意が必要です。

中でも糖尿病と歯周病を併発した時には、心疾患のリスクや腎疾患などとの合併症のリスクも、確率が数倍に上がります。
歯周病は、口の中だけの問題ではないのです。

歯周病にかかっているのかのチェック項目は、歯茎から血がでる、歯がぐらつく、歯茎が下がって歯が長く見えるようになった、噛み合わせが悪くなった、口臭が気になる、などが挙げられます。

あてはまるものがいくつかあれば、歯科で診察を受けた方がいいでしょう。
歯周病の予防として、簡単に家でできるのは、歯周病予防のペーストやデンタルリンスで日ごろからケアをすることです。
デンタルフロスや歯間ブラシも使い、口の中を清潔に保ちましょう。

最近知ったことですが、朝起きた後に口をゆすぐだけで、雑菌のほとんどが流れてしまうということです。
何気なく試してみたら、確かに胃腸の調子が良くなったんですよね。
以前は整腸剤のお世話になりっ放しだったのですが、起きた後の口濯ぎを実行して一ヶ月程度で、整腸剤は手放せました。

もちろん個人差もあるでしょうし、ラッキーな部分もあり、そしてたまたま口中の雑菌に起因する胃腸の不調だったのかもしれません。
けれども、手軽にできてリスクの低いことは、何でもチャレンジしてみることですね。

«
»