コミュニティビジネス

コミュニティビジネスとは、市民が主体となって身近な地域が抱える課題をビジネスとして解決したり、地域のコミュニティやネットワークをビジネスへと転換していったりする事業のことをいいます。

それは、個人事業であったり、NPOであったり、企業が行っていたりしますが、大切なのは、小さな事業でもビジネスとして成り立つ自立性や、その地域の特色を最大限に生かした地域性です。

コミュニティビジネスの範囲は、福祉、環境、町づくり、教育など幅広い分野に広がりをみせており、大企業ではサービスしきれない特色ある事業にコミュニティビジネスの面白さがあります。
地域内での雇用拡大、まちの活性化、コミュニティの強化などにつながるため、その可能性に期待が寄せられています。

コミュニティと言っても、町内会のような直接のコンタクトを中心するものもあれば、ウェブ上での交流もあると思いますので、どちらか一方よりは、両方で取り組むことも検討の余地ありでしょうね。
FMラジオや雑誌編集を通してもコミュニティは活発化が可能だと思います。

国レベルで地域への権限移譲などを考えると、コミュニティビジネスは、これからもっと増えていくことになるでしょう。
地域の活性なしに国の繁栄は有り得ないのですから。
一極集中型では、リスクがあまりにも大きすぎるんですよね。

これはウェブサーバーを一台で稼働させるよりも、複数台稼働でトラブルに対してリスクヘッジすることと同じです。

«
»