高齢者ビジネス

日本は既に高齢化に進んでいて、高齢化社会から高齢社会になったと言われています。
したがって、日本の老人市場のビジネスも発展しています。

これから高齢者は増え続ける一方ですし、社会保障体制も変わりますから、需要と供給のバランスが良いかもしれません。

老人ホームや介護などのサービスも世界でも一流だと思います。
実は中国も日本のように、これから高齢化社会に進むのでしょうか、実のところはわかりませんが、人口の多い国は相対的に高齢者の割合が多いものです。

中国の話しになりますが、50、60年代、人口が著しく増加し、80年代のはじめ頃から、一人っ子政策が始まりました。
今でもその政策が続いているようですが、最新情報は掴めていません。

50、60年代誕生した人たちは、今ちょうど50、60歳ぐらいで、企業の定める定年退職の年齢になります。
また核家族のため、将来一人は、両親2人、祖父母4人の生活を負担しなければなりません。
老人の面倒を見てくれる人や施設も人気になるのでしょう。

しかし、今は中国では、老人ホームや介護など、施設も足りなく、人手も足りない状態だと思います。
日本の経験や技術が中国で役を立てたらと思います。
しかし肝心の日本でも、医療費削減の一環で、入院療養ベッド数を減らすという方向になっています。

簡単に言えば、なるべく入院しないようにしてね、というお上の方針です。
全く、ひどいですね。

海のレジャーを楽しむ
穏やかな石垣島の海でダイビング
果てしなく碧い海、夢との遭遇、感動の一瞬、石垣島でのダイビング
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»