地域文化

世の中は道州制や地方分権などが叫ばれていますが、そんな中でも地域に伝わる独特の文化は、根強く残っていくものと思います。

文化は継承されていくものでしょうか、創造されていくものでしょうか、それとも消えていくのでしょうか。

文化という言葉を調べてみると、
「総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである」※引用 wikipedia
となっています。

ちょっと難しいですね、アカデミックになると。
これを独自で解釈すると、人生を楽しくするもののひとつ、で良いのではないでしょうか。
強引ではありますが、文化と聞いて、嫌な感情を持つ人はいないはずです。

ということは、文化は人が生活していく上では欠かせないものであり、それは個人だけでなく、小さなコミュニティから国という単位まで、その意義は通じているのではないかと考えられませんか?

文化の違いはあって当然です。
自分たちの価値観の中に取り込もうとすると、この文化の違いを理解することは難しいでしょう。

が、お互いが異なる文化を、双方が完全に理解することも、また難しいと思われます。
そのために、コミュニケーションという世界共通の所作があるのでしょうね。

コミュニケーションが取れない人の特徴は、自分で勝手に判断して結論付けてしまいます。
つまりは自分が正しいということが前提で、そうでなければ、必ず言い訳をしたり他に責任転嫁するわけです。

«
»