インターネット広告

インタネット広告の比率が、マスメディアのそれを抜いたらしい。
ネットショップは百貨店を凌駕し、インターネット広告は既存のメディアを駆逐する。
まさにすべてがネット中心になってしまいかねない勢いです。

確かにネットを使って商売をするなら、お客様を呼び込まなければなりません。
そのためにはやはり広告という概念が必要なわけで、放置していていは人も着てくれないしモノも売れていかないのです。

そこを理解したうえで、いかに上手にネット広告を利用するのか、広告以外の手法は考えられないのかを検討する必要があるように思います。
特に、ECサイトでも、直接、購入に結びつく物販サイトは、集客と広告が全てです。

商品をカゴに入れるように、ECサイトでもショッピングカートは重要なツールとなっています。
入れたはずの商品が精算時に消えている、二重に登録されている、あるいは重複して会計されているので、倍の金額を支払うことになったなどの金銭トラブルはどうしても避けたいところです。

このショッピングカートは、顧客情報を管理するツールとしても役立ちますし、在庫のありなしを訪問者お知らせするという面では、物販サイトの根幹をなすものであると感じています。
つまりは物販サイトは、商品力だけではなく訪問者の使い勝手の良さも、リピーターを増やすことに繋がっています。

細かいところまで詰めていられるかどうかですね。

«
»